車の買い替えSpecialガイドブック

RAV4

このページではトヨタのRAV4の情報についてまとめています。

RAV4の口コミ・評判

大きさを感じないです

運転していると大きさを感じない点が不思議です。やはりフロントの左側もある程度見えることが大きいのでしょうか。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/toyota/rav4/review/

4WDで安心

アップダウンのある道を一回り試乗しました。操作性や車幅感覚など、サイズはそれなりにあるのにそう感じさせず、運転しやすい車だと思います。CVTによくありがちな「ヴィーン・・・」と一定の回転数が続きながら加速していく感じではなく、CVTなんだけど昔の4速オートマチック的な動き方は個人的には好みです。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/2071697/blog/43058692/

シート大きめ!キャビンにゆとりがある

極端な不満要素はないものの、飛びぬけた個性にも乏しい車です。長所は、海外メイン車両のためシートが大きめでキャビンがゆったりしている点と、ポップな外観のため、所有すれば若向けな印象を周囲にもたらす点です。

引用元:みんカラ(https://minkara.carview.co.jp/car/toyota/rav4/review/?pn=3)

自動車評論家・岡本氏のRAV4評

プロの目

優れたコーナリング性能に注目

都会派からクロカンにキャラを替え武骨なたくましいデザインとなりました。ハイブリッドと高効率ガソリンエンジンという2種類の動力源に、計3タイプもの4WDシステムが組み合わされる中でも、注目はダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載した「アドベンチャー」の優れたコーナリング性能です。最低地上高も十分に確保されており悪路走破性も高くなっています。

岡本幸一郎氏写真

岡本幸一郎氏

1968年富山県生まれ。市販車の最新事情を幅広く網羅するとともに、これまでプライベートで25台の愛車を乗り継いできた経験とノウハウを活かし、多くの媒体に鋭意執筆中。日本自動車ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

RAV4の特徴

ガソリン仕様車で採用!ダイナミックトルクベクタリングAWD

RAV4専用に開発されたのがダイナミックトルクベクタリングAWD機構です。走行状況に応じて前後のトルク配分と後輪トルクを左右独立で制御します。また旋回時の車両安定性を高める効果もあります。

ハイブリッド仕様車には新型E-Fourを採用

発進性、走行安定性をアシストするE-Fourシステムが進化し搭載されています。後輪のトルク出力を増やし、前輪と後輪のトルク配分を100:0から20:80へとアップ。また降雪時や雨天時の登坂発進時の安心感も高められています。

走行性能向上を狙い高剛性・軽量を実現

ボディ開口部に環状骨格構造を採用し、ボディのねじれ現象抑制して振動の少ない走りや優れた操縦安定性を実現。さらに車体接合部を点接合だけでなく工場用接着剤を使用し剛性を強化しています。軽量化のためにボンネット、フロントフェンダーなどにアルミニウム製を採用する工夫をしています。

長時間の運転にも対応可能な内装

長時間のドライブにも対応できるよう、内装にもこだわっています。運転席はインパネを低く設定し、車内からワイパーが見えない設計に。これにより視野が広くなり、車内に開放感をプラスしました。長時間のドライブに対応しているところはほかにもあります。シートと座面の形です。後部座席は前部との距離が十分に取られているので窮屈に感じることはありません。とくに足元の空間が広く取られているため、足を伸ばしてもくつろげます。

ワイドクラスの全幅

RAV4の全幅は1855mmと幅の広いクラスに入りますが、全高は1685mmと低め。リヤゲートは傾斜角を強めに出すことで、ワゴンのようなスタイリッシュなデザインに仕上がっています。ラゲッジスペースは開口部が広め。デッキボードには汚れにくい樹脂が使用されているため、さまざまな用途に応用できるでしょう。

十分な広さのラゲッジスペース

ラゲッジスペースはリヤシート使用時でも1,015mm。2名乗りにしたときは1,880mmと広々としたスペースが確保できます。高さは880~935mm。横幅は1,000~1,355mmです。スマートキーを携帯していれば、リヤバンパーに足を近づけるだけでラゲッジスペースが開閉できます。荷物が多い時に便利な機能です。

ルーフも取付可能

車体の上部にはパノラマムーンルーフが取り付け可能。前席から後部座席にかけて開き、開放感をもたらしてくれます。電動式のサンシェードで直射日光もガード。挟みこみ防止機能も付いており、開閉時の安全性も向上しています。

RAV4の価格帯

2,656,500~3,888,500円

RAV4のスペック

燃費(JC08モード) 15.2km/L
全長・全高・全幅 4,600~4,610mm×1,855×1,685
総排気量 1,986
乗車定員 5人
 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

エクリプスクロス

       

開放感と室内の広さが抜群の三菱のエクリプスクロス。価格は329万円~。

ジューク

       

日産ジュークは、15RX-Vセレクション・パーソナライゼーションが一番人気。価格は208万円~。

ライズ

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。