車の買い替えSpecialガイドブック

日産のSUV

日産の主なSUV車についてまとめ、解説しているページです。

ジューク(コンパクトSUV)

ジュークで注目したい特徴は、VDC(ビークルダイナミクスコントロール、およびキャンセルスイッチ=TCS機能を含む)機能です。各種センサーによって運転操作や車速を検知して、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御します。滑りやすい路面や障害物の回避時に横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めてあります。

また、万が一の衝突のときに被害を最小限にとどめられるようなボディ設計となっているのも見逃せません。搭乗者保護はもちろん、ボンネットなどのエネルギー吸収性を高めて、歩行者との衝突時に衝撃を緩和するボディを採用しています。

安全装備に加え、SUVに求められる積載能力も充実。4名乗車時でも9インチゴルフバッグや大型スーツケースを積めるだけのラゲッジスペースの広さが確保されています。ラゲッジスペースの下にはアンダーボックスがあり、小物を収納しておくのに便利です。他にもプロ目線でのジュークの評価について紹介しているので、ぜひ詳細ページをご覧ください。

エクストレイル(ミドルSUV)

エクストレイルはその大柄なボディで乗車定員が5名と7名の2種類をラインナップ。5名乗りはセカンドシートが6:4の分割で倒すことが可能で、7名乗りはサードシートが5:5の可倒式となっています。

また、5名乗り仕様にはガソリンエンジン仕様車とハイブリッドエンジン仕様車があり、駆動方式はそれぞれFFと4WD仕様とあります。燃費はガソリンエンジン仕様車とハイブリッドエンジン仕様車とでおよそ4km/Lの差があり、ハイブリッドエンジン仕様車は20.0km/Lとなっています。

ガソリンエンジン仕様車は16.4km/Lなのでこの差をどう考えるかは、個人の価値観によるでしょう。運転補助機能ではプロパイロット機能が搭載されているのが、エクストレイルの特徴です。これは渋滞走行時や巡航走行の高速道路を運転中にサポートしてくれる機能。車間距離を一定に保ち、車線中央をキープした走行をしてくれます。これらのようなを特徴を持ったエクストレイルに関するプロの評価も掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

スカイラインクロスオーバー(EX・QX50)

日産スカイラインクロスオーバーは、スポーツカーの運動性とラグジュアリーカーの快適性を高次元で融合させた機能を備えています。また、優雅な曲線で構成される外観はゆとりが感じられ、走行時のストレスを緩和してくれます。

デュアリス

日産デュアリスは、上半身の優雅な曲線と下半身の力強さが調和した外観をしています。機能の面でも力強い走りと乗り心地の双方を見事に兼ね備えた車といえます。先進メカニズムのエンジンによる滑らかで力強い走りに魅入られること間違いなしです。

アルマーダ

日産アルマーダは、オンロードとオフロードどちらでも高い走行を可能にする高い機能性を有しています。また、外装の面でも力強さと優雅さを両立したSUVといえ、日本仕様のアルマーダをユーザーは待望していることでしょう。

 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

ジューク

       

日産ジュークは、15RX-Vセレクション・パーソナライゼーションが一番人気。価格は208万円~。

クロスビー

       

スズキのクロスビーはワゴンタイプのSUVで、内装にさまざまなこだわりが。価格179万円~。

エクリプスクロス

       

開放感と室内の広さが抜群の三菱のエクリプスクロス。価格は329万円~。