車の買い替えSpecialガイドブック

アウトランダー

このページでは三菱のアウトランダーの情報についてまとめています。

引用元:三菱自動車公式HP(https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/)

アウトランダーの口コミ・評判

家族みんなのお気に入り

子供がいるので、外遊びなどでワイルドに使えるSUV車が欲しかったので購入しました! 車内も思ったより広く、ドアも重厚感がありかっこいいです!デザインもとてもかっこよく、乗り心地も快適で家族で大のお気に入りの車になりました!購入してとても良かったと思います!

引用元:カーセンサー (https://www.carsensor.net/catalog/mitsubishi/outlander/review/000126459/)

4WD仕様を選んで良かった

SUVの中ではセダン寄りのものと従来の悪路走破4WD寄りのものがあるのですが、アウトランダーは悪路走破4WD寄りだと感じました。インテリアがシンプルなのもそういう設計思想のもとに設計しているからだと思います。 道がガタついているなかでは細かいボタン操作はできませんからね。 運転モードが4WDモードとFFモードをいつでも選択出来るようになっていて、4WDモードのほうがランニングコストが高くなるものの、 きれいに舗装されている道でも直進性能が明らかに良かったです。 4WDの良さを再発見されてくれた一台です。

引用元:カーセンサー (https://www.carsensor.net/catalog/mitsubishi/outlander/review/000123982/)

装備の充実度合いがいい

今までの三菱車の中で装備は最高です。内装ではパワーシート、シートヒーター、ハンドルヒーター、電動パーキングブレーキ、ブレーキオートホールド、ACC、BSW/LAC、オートワイパー、アラウンドビューモニター、コンビネーションシート表皮、本革赤ステッチハンドル&シフトノブ他、etc。外装ではLEDヘッドライト(ロー/ハイ)、LEDフォグライト、ルーフレール、リアスポイラー、ブラックメッキグリル&ブラックマイカ塗装モール、ブラック塗装アルミホイル、etc。書ききれませんね。

引用元:みんカラ(https://minkara.carview.co.jp/car/mitsubishi/outlander/review/detail.aspx?cid=260145)

アウトランダーの特徴

受け継がれる三菱のクロスオーバーSUVとしての血統

アウトランダーは三菱自動車がかつて手掛けていたクロスオーバーSUVであるエアトレックの後継モデルとして登場。ただし、それはあくまで日本国内に限った話。先代にあたるエアトレックは、海外向けには元からアウトランダーの名称で販売されていたという経緯があり、2005年のフルモデルチェンジを機に、日本国内仕様もアウトランダーと名称が統一されました。そんな同車の基本コンセプトであるクロスオーバーSUVとは、簡単に言えばクロスカントリー系SUVほどには本格オフロード走行を重視せず、それでいて従来のステーションワゴンやセダン、ハッチバックなどよりは車高を上げ一定のオフロード性能を確保しながら、積載性や室内の広さ、目線の高さ、乗降のしやすさといったメリットも実現したもの。言わば普通乗用車をベースにSUVへと進化していったものであり、三菱車ではまさに、このアウトランダーがその血統となります。

モデル構成は、2.4L4WDと2.0L2WDがベース

前述の通りアウトランダーは日本国内のみでなく海外でも販売されるモデルであり、その中には3.0L大排気量モデルや2.2Lディーゼルモデルも存在しています。ただし、日本国内向けに正規販売されているのは基本的には2.4Lの4WDと2.0Lの2WDの2系統が基本。これらに、それぞれ3つのグレードが用意されています。また2018年12月には「BLACK Edition」という特別仕様車が4WDと2WDそれぞれにラインアップ。名称の通り、内装をブラック基調としたものに仕上げ、独自のシートやホイールなども装備しています。なお、アウトランダーにはプラグインハイブリッドEVシステムを搭載したアウトランダーPHEVもありますが、これについては別途個別ページを設けていますので、そちらをご覧ください。

三菱ご自慢のINVECSに加え、パドルシフトも装備

アウトランダーには、三菱のスポーツ系モデルに詳しい方にはお馴染みのINVECSをより進化させたINVECS-Ⅲ6速スポーツモードCVTを搭載。オートマチックでありながら、マニュアル車のように、ドライバーの意思や状況に応じて、自在にシフトチェンジが行えるようになっています。そあれにはその操作をフロアのセレクターレバーだけではなく、ハンドルに装着された専用レバーで行えるパドルシフトも装備も装備。SUVでありながら、スポーツカー的な楽しみ方も存分に味わえるようになっています。

アウトランダーの価格帯

2,725,800~3,421,000円

アウトランダーのギャラリー

引用元URL:三菱自動車公式HP(https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/)
引用元URL:三菱自動車公式HP(https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/)
引用元URL:三菱自動車公式HP(https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/)

アウトランダーのスペック

燃費(JC08モード) 14.6~16.0km/L
全長・全高・全幅 4,695mm×1,710mm×1,810mm
総排気量 1,998~2,359 cc
乗車定員 7人
 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

ハイラックス

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

ライズ

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

CR-V

       

現在5代目のホンダのCR-Vは、3列シートの7人乗りタイプあり。価格は385万円~。