車の買い替えSpecialガイドブック

マツダのSUV

マツダが販売しているSUVをまとめ、解説しているページです。

CX-3(コンパクトSUV)

CX-3マツダのコンパクトSUVでありながら、あらゆる状況で安定した操作性を実現しています。路面からの衝撃を吸収するサスペンションがしっかりと働き、CX-3のために製造された215/50/R18のタイヤは轍の影響を受けにくいサイズとなっています。

また、走行性能アップのために空力バランスを整えているのも、SUVとしては珍しい点。身体に沿ってシートがたわむことによって、包み込まれるようなフィット感が生まれています。そのため長時間のドライブでも疲れにくいのです。

さらに座面には高減衰ウレタンを採用しているので、路面からの振動を低減してくれます。そんなCX-3の特徴や口コミなどについてまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

CX-5(ミドルSUV)

CX-5はCX-3の上位に存在する車種で、サイズ感としては当然CX-3より大きくなっています。車内空間はドライバーだけでなく、同乗者も快適に過ごせるように人間工学に基づいて着座姿勢が最適な状態になるように設計されています。

前席ではセンターアームレストとドアアームレストの高さを合わせたことで左右バランスの良い着座感を実現。マツダと言えばクリーンディーゼルが有名です。2019年上半期におけるクリーンディーゼルSUVではCX-5が販売台数1位となっています。

燃焼性能にこだわったことにより、燃費や排出ガス、静粛性、走行性能といったすべての性能が向上。このような特徴を持ったCX-5についての口コミやプロの評価などについてまとめています。CX-5が気になっているあなたはぜひ内容を確認してみてください。

CX-8(クロスオーバーSUV)

CX-8は3列シートもラインナップされている大型のSUVになります。マツダはプレマシーやMPV、ビアンテといったミニバンを廃止して、その役割をSUVへ移行しようとしているところ。ミニバンで高い視線での運転居慣れたから同じような高さで運転したいと考える顧客のニーズとも一致し、SUVが高い人気を誇っているのです。

このような市場においてCX-8は、2018年3列シートSUVの販売台数で1位となっています。この人気の理由は走行性能の高さにあると言えるでしょう。人馬一体をコンセプトに車作りをしているマツダは、その中で加速・減速・旋回といった車両運動のつながりを追求してきたのです。そして出来上がったのがG-ベクタリングコントロールプラスと呼ばれるシステム。このシステムは4輪への設置荷重を最適化して、スムーズで効率的な車両挙動を実現するものとなっています。この機能以外にもCX-8には魅力が秘められています。詳しくは詳細ページをご覧ください。

 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

クロスビー

       

スズキのクロスビーはワゴンタイプのSUVで、内装にさまざまなこだわりが。価格179万円~。

エクリプスクロス

       

開放感と室内の広さが抜群の三菱のエクリプスクロス。価格は329万円~。

CX-3

       

デザイン性を追求したマツダのCX-3。価格は216万円~。