車の買い替えSpecialガイドブック

ハイエースワゴン

このページではトヨタのハイエースワゴンの情報についてまとめています。


引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/hiacewagon/?padid=from_hiacewagon_trd1_navi_top)

ハイエースワゴンの口コミ・評判

見晴らしや見切りがよく、運転も楽しい

【エクステリア】良くまとまったバランスの良いデザイン。大きい車体故に洗車が大変なのでシルバーメタ購入。
【インテリア】ミニバン系と違い高級感はありませんが全体的に落ち着いた感じが良いです。
純正のドリンクホルダーは使い辛いので社外品をセンターコンソール前に取り付けて使ってます。
【エンジン性能】ガソリン2.7Lなので特に不満はありません。2人で遊びに使うには必要にして充分なパワーです。
【走行性能】普通に流すには充分な性能です。純正タイヤを換えると結構改善されます。この車体故に強い横風には多少注意が必要です。
【乗り心地】ソフトな感じではないが許容範囲内です。元々の設計が貨物バン寄りなので。上の走行性能欄でも書きましたが純正タイヤを換えると結構改善されます。

引用元:価格.com(https://review.kakaku.com/review/K0000286454/ReviewCD=1124498/#tab)

レンタカーで、9名乗車で運転してみました…

【エンジン性能】平地では特に不満は感じないが、流石に9名乗車で上り坂ではパワー、特にトルク不足を感じた。ワゴンには設定が無いがディーゼルの方が低速からトルクが強くベストマッチだと思われる。
【走行性能】思い車重(2.5~3t)と低速の弱いガソリンエンジンのマッチングは良くないと思います。振動や騒音を考えてガソリンとなったのでしょうが、やっぱり重い車にはディーゼルが良いと思います。あと、エンジンブレーキの利きも悪くフットブレーキを多用しました。
【乗り心地】良く言えばソフト悪く言えばフワフワ。コーナーや交差点では後ろに乗っている人に気を使い、バスの様に慎重な運転が必要です。

引用元:価格.com(https://review.kakaku.com/review/K0000286454/ReviewCD=901243/#tab)

あとはエンジンがディーゼルなら…

インテリキーやステアリングリモコンは使ってみればもう戻れないぐらい便利です。LEDヘッドライトも結構明るいです。しかし相変わらず、シートのリクライニングは×。フルリクナイニングを納車前にディーラーにお願いしたら6万5千円かかると言われ、結局自分でDIYです。9席加工は結構キツかった。サスのふあふあ感は相変わらずトヨタそのものです。10年乗ったトランポから乗り換えましたが、乗り味・装備は良くなってますが、3ナンパーワゴンはガソリンのみで残念なところ。

引用元:価格.com(https://review.kakaku.com/review/K0000286454/ReviewCD=710254/#tab)

ハイエースワゴンの特徴

3ナンバー乗用車登録可能なハイエース

トヨタやハイエースにお詳しい方ならば先刻ご承知のことと思いますが、そもそもハイエースという車種は、運転席の下にエンジンが搭載されるキャブオーバー方式かつ、4ナンバー登録の商用車をメインとしている車種になります。車体の構造の面でも、いわゆるミニバンとは一線を画したモデルになります。一方で、長年商用車として培ってきた耐久性や積載性、室内空間の広さといった長所を活かし、3ナンバーの乗用車として登録可能としたのが、このハイエースワゴンになります。前述の素性の良さを活かし、10人乗りを実現しているのが大きな特色。前述の通り、車体構造的には該当しないものの、トヨタの公式HPではミニバンのジャンルに括られています。

ミニバンとしてはもちろん、様々な用途に活躍

繰り返しになりますが、ハイエースワゴンは10人乗りかつ乗用車登録が可能というのが大きな特色。そのため、一般的なミニバン以上の人員を1台で賄うことができます。そうした超ミニバンとしての使い方に加え、様々な個人の趣味のための使い方にも幅広く対応。アウトドアの車中泊や、オートバイ・自転車などのトランスポーターとしての使用が代表格。そうした用途に用いる場合にも、3ナンバー登録の乗用車扱いのため、4ナンバー登録の商用車に課せられる毎年車検の必要がないという点も、ハイエースワゴンならではのメリットとされています。

パワーユニットは2.7Lガソリン、グレードは3種類

ハイエースワゴンに搭載されるエンジンは2.7Lガソリンのみ。商用車向けディーゼルエンジン搭載モデルは設定されていません。グレードとしては、全長4,840mmのロングボディー、全高2,105mmのミドルルーフ仕様が「DX」および「GL」の2グレード。全長5,380mmのスーパーロングボディー、全高2,285mmのハイルーフ仕様となっているのが「グランドキャビン」のグレードとなります。なお3グレード共通項としては、いずれも2WDと4WD仕様あり、全幅1,880mmのワイドボディー、乗車定員10名となっています。

ハイエースワゴンの価格帯

2,886,000~3,944,000円

ハイエースワゴンのギャラリー


引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/hiacewagon/?padid=from_hiacewagon_trd1_navi_top)

引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/hiacewagon/?padid=from_hiacewagon_trd1_navi_top)

引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/hiacewagon/?padid=from_hiacewagon_trd1_navi_top)

ハイエースワゴンのスペック

燃費(WLTCモード) 8.1~8.9km/L
全長・全高・全幅 4,840~5,380mm×2,105~2,285mm×1,880mm
総排気量 2,700ccガソリン
乗車定員 10人
 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

ジューク

       

日産ジュークは、15RX-Vセレクション・パーソナライゼーションが一番人気。価格は208万円~。

エクリプスクロス

       

開放感と室内の広さが抜群の三菱のエクリプスクロス。価格は329万円~。

CR-V

       

現在5代目のホンダのCR-Vは、3列シートの7人乗りタイプあり。価格は385万円~。