車の買い替えSpecialガイドブック

グランエース

このページではトヨタのグランエースの情報についてまとめています。


引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/granace/?padid=from_granace_grade_navi_top)

グランエースの口コミ・評判

意外にも、運転しやすく楽しい

【エクステリア】角ばったデザインを探していたところ、メルセデスベンツVシリーズと迷いこちらにしました。
【インテリア】本革シートは良くできていますが、4列8人乗りにすると、トランクにクーラーボックスも置けません。室内幅が広いので、3列8人乗りの方がいいと思います。
【エンジン性能】15年前迄のディーゼルと比べたら、静かでクリーンです。
【走行性能】街乗りでは十分です。着座位置が他のミニバンより高く見切りがいいので、運転が楽しくなります。
【乗り心地】40年くらい前から、4駆一筋だったので、言うこと有ません
【燃費】街乗り8~9Km/Lで満足です。

引用元:価格.com(https://review.kakaku.com/review/K0001202447/ReviewCD=1286992/#tab)

思っていたよりも、小回りが利く

●エクステリア もう少し高級感を出してほしい。
●インテリア 商用車ベースだが豪華なインパネですね。2×4の8人乗りもラインナップされてますが、なんかバスみたいです。
●エンジン性能 2.8Lのディーゼルターボです。この重量ではガソリンは厳しいですね。
●走行性能●乗り心地 ハイエース系ではありません。アルファード系の乗り心地です。ふわふわする感じはあるが、おさまりもいいし、FRなのでステアリングが軽いです。
●総評 最小半径が5.6mですが、めちゃくちゃ曲がります。ほんとに全長5.2mなのと疑います。
ライバルはメルセデスベンツVクラスかと思います

引用元:価格.com(https://review.kakaku.com/review/K0001202447/ReviewCD=1283851/#tab)

ディーゼルとは思えない静粛性の高さ

車体の大きさ、重さを感じさせない走りですね!(^^)!ストレスを感じることがなく、コーナーを曲がる時にも安定しているので、全長が5m以上もあるクルマだということを忘れてしまいそうです!( *´艸`) ルームミラーには「デジタルインナーミラー」を採用。車内が乗員や荷物で満たされた状態でも良好な後方視界を得る事ができます。大きいドアミラーとデジタルルームミラーのおかげで、周囲の状況もつかみやすかったです!(*^^*)また、静粛性もよく、車内にいればディーゼルっぽさもそれほど感じませんでした。運転席に乗っていて・・・ですから、後席ならさらにディーゼル感は感じないでしょうね!

引用元:みんカラ(https://minkara.carview.co.jp/car/toyota/granace/review/detail.aspx?cid=253568)

グランエースの特徴

アルファード / ヴェルファイアを上回る、超大型ミニバン

グランエースは2019年の年末に発売開始。このモデルを一言で語るなら、これまでトヨタ製の国内向けミニバンとしてフラッグシップに君臨していたアルファード / ヴェルファイアを上回る、全長5.3mの超大型ミニバンであるというのに尽きるでしょう。なお、ボディタイプからみた分類ではミニバンに分類されるモデルではあるもの、全長5m以上という大型ボディであるため、トヨタでは「フルサイズワゴン」という呼称を用いています。アルファード / ヴェルファイアを含め、これまでのミニバンとは別次元の車種であるという自信をうかがわせます。

ベースとなっているのは、海外向け H300系ハイエース

繰り返しになりますが、グランエースは5.3mという全長を持つ大型モデル。そのベースとなっているのは、2019年初頭にフィリピンにて発表された、海外向けのH300系ハイエース。従来のキャブオーバースタイルではなくセミボンネット化されており、マイクロバスとしても使えるサイズとなっています。ちなみに、仕向け地は東南アジアをはじめとする新興国がメインとのこと。そんなH300系ハイエースの上位グレードである「グランディア」をベースに、フロントフェイスのデザインや乗車定員の設定などを変更し、日本国内向け高級ミニバンとして仕上げたのが、他ならぬグランエースなのだそうです。

パワーユニットは、2.8Lディーゼル、6人乗りと8人乗りを設定

上記の通りグランエースは海外向けのH300系ハイエースがベース。その本家には3.5Lガソリン仕様もラインアップされていますが、グランエースは2.8Lディーゼルにエンジンが1本化されています。その上で、スタンダードグレードであるGは、ボディサイズを活かした8人乗りの設定。一方、上級グレードであるPremium はあえて6人乗りとし、その分スペース的にゆとりを持たせた、プライベートラウンジ的な空間として演出するというこだわりを見せています。

グランエースの価格帯

6,200,000~6,500,000円

グランエースのギャラリー


引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/granace/?padid=from_granace_grade_navi_top)

引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/granace/?padid=from_granace_grade_navi_top)

引用元:トヨタ公式HP(https://toyota.jp/granace/?padid=from_granace_grade_navi_top)

グランエースのスペック

燃費(WLTCモード) 10.0km/L
全長・全高・全幅 5,300mm×1,990mm×1,970mm
総排気量 2,754ccディーゼル
乗車定員 6人/8人
 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

MX-30

       

ライズ

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

ヴェゼル

       

2019年の上半期SUV販売台数で1位を獲得したヴェゼル。価格は319万円~。