車の買い替えSpecialガイドブック

トヨタのコンパクトカー

トヨタのコンパクトカーの特徴やラインアップを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

トヨタのコンパクトカー、その特徴や注目ポイントは?

改めてご説明するまでもありませんが、トヨタは日本が誇るトップの自動車メーカーであり、国内シェアにおいても長年1位を走り続けています。また、手がける車種も、センチュリーのようなラグジュアリーサルーンからスープラや86などのスポーツカー、ヘビーデューティオフローダーのランドクルーザーなど、それこそ軽自動車以外はすべてカバーしているといった趣です。

そんなトヨタのコンパクトカーと言えば、かつてはスターレットが存在感を放っていました。初代の登場は1973年。5代目は1999年まで生産されました。特に3代目から5代目にかけてはターボチャージャー搭載モデルもラインアップされ、軽量な車体とも相まって高い走行性能を発揮。「韋駄天」の異名を誇りました。

そして2000年代からはスターレットの後継モデルであるヴィッツが、主力モデルとしての地位に君臨しています。また、海外ではヤリスという車名で販売されていることでも知られ、2017年から復帰した世界ラリー選手権(WRC)に、ヤリスをベースとしてラリーカーで参戦。またアマチュアレースの車両としても使用されるなど、一定レベル以上の走行性能を有していることが伺えます。

一方、トヨタならではの特徴として、ベースモデルをアレンジした兄弟車が多く存在しているのも特色。これはコンパクトカーだけでなく、他のクラスでも見られます。例えば、かつての2代目ヴィッツをベースに、トールワゴンスタイルで利便性を高めたファンカーゴや、エッジを効かせたデザインのbBがラインアップされていたのは、記憶に新しいところですね。

そして2011年末、ヴィッツをベースとした5ドアハッチバックのボディに1.5L直列4気筒エンジンとプリウスで培ったハイブリッドシステムを組み合わせたアクアが、満を持して登場。5ナンバーサイズの車体のハイブリッド専用車種として、存在感を放っています。

 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

ヤリス クロス

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

C-HR

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

クロスビー

       

スズキのクロスビーはワゴンタイプのSUVで、内装にさまざまなこだわりが。価格179万円~。