車の買い替えSpecialガイドブック

ダイハツのコンパクトカー

本ページでは、ダイハツが手がけるコンパクトカーについて、特徴やラインアップを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

ダイハツが手がけるコンパクトカー、その特徴は?

ダイハツと言えば、日本が誇る軽自動車をメインに手がけるメーカーとして知られます。本社は大阪府池田市。古くからトヨタ自動車と提携関係にありましたが、2016年には完全に子会社化されました。どうしても軽自動車というイメージが強いのですが、実は白ナンバーのモデルもダイハツブランドで生産しています。

そんなダイハツが誇るコンパクトカーと言えば、ブーンとトールが双璧となっています。これら2台に共通するのは、ともに関係の深いトヨタにOEM供給されているという点。ブーンはトヨタ・パッソのベースモデルであり、トールはトヨタ・タンク/ルーミーのベースモデルなのです。また、トールはトヨタに加え、スバルにもジャスティのベースとしてOEM供給を実施しています。

ブーン

1.0Lの直列3気筒エンジンを搭載した5ドアハッチバックモデルになります。現行モデルは3代目にあたり、2016年に発売開始。初代と2代目はトヨタとの共同開発でしたが、この3代目からはダイハツが製造を担っており、トヨタにはパッソとしてOEM供給されています。FFの2輪駆動に加え、4WDモデルもラインアップ。標準グレードの「X」と上級グレードの「CILQ」を基本とし、それぞれに派生パッケージがラインアップされています。

トール

その車名からも連想できるように、軽自動車でも人気となっているトールワゴン型のコンパクトカー。ただし、アルファベット表記は英語の「TALL」ではなく、北欧神話の雷神「THOR」から採っており、「力強く頼りがいがある相棒」という意味が込められています。

エンジンはブーンと同様1.0Lの直列3気筒。ただしブーンにはラインアップされていない、新開発のターボモデルも用意されています。また、FFと4WDの双方がラインアップされているのもブーンと同様ですが、ターボモデルの設定はFFのみ。前述したとおり、トヨタ・タンク/ルーミー、スバル・ジャスティとしてOEM供給。国内向け小型自動車としては史上初の4兄弟車種となっています。

 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

CX-3

       

デザイン性を追求したマツダのCX-3。価格は216万円~。

ヤリス クロス

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

C-HR

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。