車の買い替えSpecialガイドブック

東京モーターショー2019レポート

車好きの管理人が東京モーターショーに参加して感じたことをレポート式にまとめたページです。

東京ビッグサイト

東京モーターショーへ初参戦

2019年11月某日、東京ビッグサイト・お台場周辺エリアで行なわれた東京モーターショー2019に参加。平日の午前中ならそこまで混んでいないかと思い、開場の30分前、9時半くらいに東京テレポート駅に到着したものの、入口には長蛇の列が。

そこからチケット確認や手荷物チェックをへて、10時半頃に入場できました。今回は多くの人が来場した東京モーターショーで、個人的に気になった車種をいくつか紹介していきます。

独断と偏見で気になった
SUVをピックアップ

かっこ良いと感じた車:
ダイハツのロッキー

全長が短く小回りが利きやすそう

青海エリアと有明エリアの2会場で行われた東京モーターショーで、もっともスタイリッシュだと感じた車種が、ダイハツのロッキーです。

軽自動車に強いダイハツが新型SUVを発売するということでもともと注目していましたが、想像以上のクオリティー。アウディQ2を思わせるようなエクステリアが私好みでとにかくかっこよく、外車に乗っているような高級感を味わえるはずです。

運転席に座ってみると車高もあり、運転しやすい印象。シートも安っぽさはなく、満足のインテリアでした(ただ、やや天井が低かったかも)。

同じく見逃せないのが、コンパクトさ。SUVってどうしてもゴツい印象がありますが、全長がとても短くスッキリまとまっていました(写真だと大きくも見えますが、実際に見ると本当にコンパクト…!)。これなら狭い道やカーブでもすいすい行けそう。街乗りにぴったりです!

コンパクトカーの弱点を補った収納力

内装に関しては、とくに収納が目につきました。ラゲージスペースは、最大積載量369リットルだそうで、十分すぎる広さだと感じます。

デッキボードの下も開くことができ、さらにスペースが生まれますし、後部座席を倒せば長い荷物も十分乗せられるスペースが確保できます。コンパクトな車の弱点である収納性をうまく補った1台と言えるのではないでしょうか。

後部座席のUSBポート×2が嬉しい

こういう心配りがうれしいと感じられた点が、後部座席にも2つ差せるUSBポートがあること。後部座席にスマホ使いの子供が2人乗ると仮定し、充電したいと思ったときにその場で充電できますし、とても利便性が高い作りになっていると思います。

今回のブースには、白とコンパーノレッドという朱色の二色のロッキーがありました。どちらも存在感があってとても良いのですが、個人的にはより存在感が際立つコンパーノレッドのロッキーに乗りたいですね!
これだけのクオリティーで170万円~買えるというのは、SUVの括りとしてはかなり異例だと思います。

ロッキーの詳細を
公式HPで見る

使い勝手が良さそうだと感じた車:
スズキのクロスビー

内装に遊び心が豊富

外観がおしゃれで、インテリアにもいろいろとこだわりを感じられたのが、スズキのクロスビーです。

ワゴンとSUVが融合したような小型のコンパクトSUVで、お出かけが楽しくなるようなシルエットだと思います。インテリアの顔ともいえるインパネに関しても遊び心が表われており、女性も楽しく運転できるようなデザインではないでしょうか。

SUVに珍しいシートバックテーブル付き

やはり一番強く感じたのは、車内の広さでしょうか。天井が気にならないですし、後部座席も窮屈感なし。長時間のドライブでもこれなら問題なさそう!

家族でのドライブなどで子供が喜びそうだと感じたのは、シートバックテーブルがあること。ミニバンならお馴染みですが、コンパクトSUVについているのは珍しく、ドリンクホルダーが2個、食べ物を置けるスペースが十分にありました

インテリアの使い勝手が良く、おしゃれにデートをしたいというときにも良いかもですが、ファミリーカーとしても重宝しそうな車です。

クロスビーの詳細を
公式HPで見る

高級感を感じた車:マツダのCX-30

ディテールに強いこだわり

高級感を感じたのは、マツダのCX-30です。個人的にマツダ車の外装はとてもくすぐられるものがあり、CX-30もその例に漏れません。

際立つのが、エクステリアの美しさ。内装もたとえばドアトリムに革が使われているなど、ディテールに強くこだわっている印象です。CXシリーズはいくつか出ていますが、CX-5とCX-3の中間に位置するサイズ感(全長4395mm)。幅も1795mmと決して大きくなく、取り回ししやすい車だと思います。

これまでの弱点を改善した荷室空間を確保

マツダのCXシリーズはこれまで収納が狭いなどとの評判もありましたが、CX-30の収納はそこそこありました。430Lだそうで、たとえばCX-3よりも80L増え広い荷室空間が確保されています。ただ、CX-30は車高が低いので、天井の窮屈感は否めませんでした。

とはいえ、これまでのCX-3などと比べれば、室内環境が大きく改善されている印象です。CXシリーズは車内が狭いからと敬遠していた人は、一度検討候補に入れてみてはいかがでしょうか。

CX-30の詳細を
公式HPで見る

 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

CR-V

       

現在5代目のホンダのCR-Vは、3列シートの7人乗りタイプあり。価格は385万円~。

ヤリス クロス

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

エクリプスクロス

       

開放感と室内の広さが抜群の三菱のエクリプスクロス。価格は329万円~。