車の買い替えSpecialガイドブック

おすすめコンパクトSUV3選

このページでは、おすすめのコンパクトSUVを紹介しています。コンパクトSUVへの乗り換えを検討中の方は、ぜひチェックしてください。

コンパクトSUVの特徴

コンパクトSUVは街乗りでもアウトドアでも、さまざまなシーンで活用できる自動車です。お手軽なサイズ感は日本の道路環境に適しており、低燃費だから維持費も抑えられます。このような理由から幅広い客層を獲得しているコンパクトSUV。最近はどの国内メーカーでもラインナップされている人気ジャンルです。

運転しやすいサイズ感

コンパクトという名が付いていることから想像できるように、小回りが利くサイズのため、買い物に行くにもキャンプに出かけるにも、さまざまなシーンで活躍する使い勝手の良い車と言えます。

また、小さいということは維持費の安さにも繋がります。税金やガソリン代といった維持費がかかる自動車。コンパクトSUVは車両が小さいため低燃費であり、税金も安いので、維持費を抑えることができるのです。

手に入れやすい価格

ひと口にコンパクトSUVといっても、お手軽モデルから高級志向のモデルまで、その方向性はさまざま。価格帯もピンからキリまでありますが、車体が小さいだけあって、一般的にそこまで高い価格はないのが特徴的でしょう。

しかも、運転性能や維持費の安さ、出かける楽しさを考慮したら、とても良い買い物になるのではないでしょうか。

様々なシーンで活躍する実用性

オフロードに特化した本格SUVはまさに男のロマンといった雰囲気で格好良いのですが、維持費が高く、運転しにくいといったデメリットがあります。しかし、コンパクトSUVはそれらのデメリットを感じることなく、運転を楽しむことが可能です。

先ほど記載したように小回りが利くため、道が狭かったり、坂道が多かったりする日本の道路に適した走行性能を発揮します。さらに、オフロード走行を視野に入れて作られているため、SUV特有の車高の高さにより、段差が多く走りにくい路面でもスムーズに走行できるのも魅力のひとつです。

つまり、買い物に行くのも、キャンプ等のアウトドアに行くのも、コンパクトSUV1台で快適に過ごせるのです。

購入意欲をくすぐる豊富なデザイン性

無骨で男らしいデザインからスマートでスタイリッシュなデザインまで、見た目も楽しめるモデルが揃っています。基本的にスポーティな型が多いSUVですが、コンパクトSUVは“都市型SUV”とも呼ばれていますが、都市の街並みにもマッチする、洗練されたデザイン性を持ち合わせています。

もちろん、中には個性的なデザインのものもあるので、自分好みのデザインをきっと見つけられると思います。

4WDだけがSUVじゃない

アウトドア・レジャーに有用なSUVは、4WDしかないと思っている人も少なくありません。しかし、実際の購入比率を見ると2WDの方が優勢なようです。燃費や乗り心地の良さを優先するとなると、重量が軽い2WDの方が断然有利。また、都市型のコンパクトSUVが流行しているため、オフロードのような悪路を想定した走破性能は求めていないことも理由のひとつとして考えられます。

【ジャンル別】おすすめコンパクトSUV3選

ここからはおすすめのコンパクトSUVを軽自動車部門・普通自動車部門・外車部門から1台ずつ選定し、特徴や口コミ・評判を紹介していきます。

軽自動車部門

引用元URL:スズキ公式HP
https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

スズキ ジムニー

コンパクトSUV軽自動車の王道と言えば、スズキのジムニーでしょう。その見た目からは、難なく悪路を走行できそうな信頼感が感じられます。2019年には、都市に似合う車を選ぶワールドアーバンカーも受賞し、シティ型コンパクトSUVとして、世界的に認められていることも分かります。

優れたオフロード性能が魅力

ジムニーの特徴は、なんといっても優れたオフロード性能。どんな悪路でも何のそのと言わんばかりに、力強い走りをみせてくれます。

ジムニーの市場調査によると、1970年代に初代ジムニーを購入した客層は山村で活動する医師が多かったそうです。当時の山道は舗装されていない場所が多く、普通自動車では安全に急患を運べなかったため、本格的な4WDシステムを持ち、走破性の高いジムニーが重宝されたようです。

その本格的な4WD性能の秘訣は、ジムニーのラダーフレーム構造。凸凹の激しい路面を走行するのに適したFRレイアウトも、どんな悪路でも走行できる優れた環境性能を実現しています。さらに、パートタイム4WDを採用しているため、スタック等が起きても難なく脱出が可能です。

オフロードへのこだわりはインテリアにも及びます。たとえば、操作部には反射しにくい表面処理を行って視認性を高めたり、オフロード走行でも車両姿勢を把握しやすいように工夫されたデザインを採用したりと、過酷な環境でも快適な運転ができるよう、細部まで機能性が追求されています。

また、優れた耐久性も魅力のひとつです。オフロード走行を想定して作られたデフやドライブシャフト等のパーツは強度が高く、頑丈な車体の維持に役立ちます。加えて交換パーツが豊富なのも、長く乗り続けられる理由となっています。純正パーツも豊富に流通しているので、ローダウンでもリフトアップでも変幻自在なカスタマイズを実行できるのも魅力のひとつでしょう。

このようにオフロード走行をメインに考えられた構造は、多くの人の遊び心を満たすことでしょう。

スズキ ジムニーの評判・口コミ

見た目と安全装置は、新しいと思いますが進化を止めた車で、中身の機構が旧車です。
その分、走破性は、物凄く優秀です。この車が走れない道は、道じゃないと思えるほどです。
走破性が欲しいなら、迷わずジムニーです。

重ステ、ガッツウインドウ、MT。
でもインジェクションだから冬でも快適エンジンスタート。
走って曲がって止まる機能は満たしています。
感覚的には軽トラと一緒で、移動の「道具」。
汚くても錆びててもカギをかけなくても全然気にならない。
そしてラフに扱っても壊れない。
なんて楽ちんな車だろう。

ジムニーの詳細を
公式HPで見る

普通自動車部門

引用元URL:ダイハツ公式HP
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ダイハツ ロッキー

兄弟車のトヨタ・ライズとともに、普通自動車におけるコンパクトSUVで人気を我が物にしているダイハツ・ロッキー。若々しさを感じさせる直線基調のデザインやクラス最高を誇る燃費性能が魅力です。

デザイン・コスパ・走行性能
三拍子揃った優等生

5ナンバーのコンパクトなサイズ感が印象的なダイハツロッキー。特徴として真っ先に挙げられるのは、狭い道路でも思い通りにステアリング操作できる取り回しの良さでしょう。170万円~という手に入れやすい価格も魅力。エクステリア・インテリアともに高級感を漂わせながらも、比較的リーズナブルな価格で手に入ることから、費用を抑えてオシャレな車に乗りたいというニーズを叶える一台として人気があります。

「サイズが小さい車は収納も狭く、遠出の際にキャリーケース等の旅行道具を入れることができないのではないか」という不安の声があるかもしれません。安心してください。ロッキーには最大容量369リッターの大きなトランクを備え、80リッターの床下収納までありますから、旅行の際の荷物も問題なく積むことが可能。ロッキーは、コンパクトSUVに求められる性能をすべて兼ね備えていると言えそうです。

また、地球温暖化が懸念される昨今、ダイハツは自動車の低燃費化に尽力し、ロッキーもクラス最高の低燃費車として、環境に配慮した性能となっています。燃費の良さは維持費の安さにも繋がり、環境にも家計にもやさしいことが分かります。

デザイン面での特徴は、大型のグリルと直線基調の車体。アクティブで若々しい雰囲気だけでなく、どことなく輸入車のような高級感も漂わせています。こういった細部にまでバランスの良さを感じさせる設計は、小型車のノウハウ豊富なダイハツならではと言えるのかもしれません。

ダイハツ ロッキーの評判・口コミ

非常に満足しています。雪国なので地上高が高く、きちんとした4WD性能で、さらに経済的な車を求めていました。通勤距離も長いため軽自動車はもともと見ていませんでしたが、いいタイミングでロッキーが発表されたのですぐに食いつきました。
Gグレードまでの性能はいらないなと思いXグレードにしましたが、価格の割に装備が優れていたので決めました。1,000ccターボという車も初めてですが、ターボならではの加速性がとてもいいです。

街中では何の不自由もなく快適に走行できる、坂道や高速でも十分なパワーを感じる。

ロッキーの詳細を
公式HPで見る

輸入車部門

引用元URL:VOLVO公式HP
https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

VOLVO XC40

洗練を極めたデザインで構築されたボルボ・XC40は、安全性能の高さの指標であるユーロNCAPテストにおいて、最高評価である5つ星を獲得しています。道路上でもっとも安全な車のひとつ、それがXC40なのです。

世界で評価された都会派SUV

XC40はボルボの中でもっとも小さなSUVです。欧州カー・オブ・ザ・イヤー、日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、世界的に高評価を得ているコンパクトSUVとして絶大な人気を誇っています。そんなXC40の製造元であるボルボが重要視しているのは、安全性の高さ。現在、世界中の自動車に装備されている3点式のシートベルトはボルボの特許とされています。しかし、ボルボはその特許を公開し、世界中の車の安全性能を高めることを優先しました。

XC40のデザインは、都会的でオリジナリティを持っています。そのため、都会で暮らす人も違和感なく乗りこなすことができるでしょう。街中をおしゃれな輸入車で颯爽と走りたい、という人には最高の選択肢のひとつと言えそうです。

XC40にはパワフルなエンジンを搭載し、スポーティな印象が強いグレードも存在します。アクセルペダルを踏み込むと、すばやく加速する姿に“格好良さ”を感じる人も少なくありません。パイロット・アシストと呼ばれる設定速度や前方車両との距離を自動的に維持する機能が搭載されているため、、高速道路を利用した遠方へのドライブや旅行、出張もラクになります。さらにステアリングアシストによる車線内走行も可能となっており、安全かつ疲労が感じにくく、ドライバーへの配慮が感じられるのも特徴的です。よりドライブを楽しみたい人にとって、これは大きな魅力と言えるでしょう。

コンパクトSUVというと外観のデザインや走行性能ばかりが注目されがちですが、XC40は室内の収納など、細かい使い勝手の良さにも定評があります。車を使用する人の意見を取り入れ、ドア部分の収納スペースにはノートパソコン1台、グローブボックスに取り付けられたフックにはカバンやテイクアウトした食事等を掛けることも可能。その他にも、持ち物を入れる場所やゴミ箱など、乗車する人の利便性が考えられた設計になっています。

販売開始当初から絶えることのない人気により、一時期は半年待ちになるほどのバックオーダーを抱えていたそうです。上記した安全性やデザイン性、利便性は、確かに「一度乗ってみたい」と思わせる魅力がありますね。

VOLVO XC40の評判・口コミ

小さくても充分パワフル、その上デザインがカッコよく、街乗りでも遊びに行ってもバランスが良くて、運転がとても楽です。少人数で移動するなら充分なスペースが確保されています。車幅は広いですが細い道でも取回しは苦になりません。

コンパクトだがパワーもあり非常にパフォーマンスのある車です。 SUV感も満載で、且つ高級乗用車感もあって大変満足です。

XC40の詳細を
公式HPで見る

年代別の「支持車」まとめ

20代・30代・40代男性・30代女性が支持

ダイハツのロッキー

ロッキーの外観
引用元:ダイハツ公式HP(https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/05_driving.htm)

ダイハツ・ロッキーの
プロの評価を見る

20代女性が支持

マツダのCX-3

CX-3の外観
引用元:マツダ公式HP(https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/)

マツダCX-3の
プロの評価を見る

40代女性が支持

ホンダのヴェゼル

ヴェゼルの外観
引用元:ホンダ公式HP(https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/)

ホンダ・ヴェゼルの
プロの評価を見る

各メーカーのSUVについて

自動車各メーカーが販売しているSUVについて、情報まとめました。

トヨタのSUV

トヨタのSUVにはC-HRやRAV4、ハリアーなどがあり、トヨタのSUVといっても人によって最初に思いつく車種は異なります。トヨタのSUVの特徴として街乗りをメインした車種であるRAV4があり、オフロードをメインとしたハリアーがあります。

ハイブリッド仕様車がどの車種でも含まれるのが多いなか、ランドクルーザーのようにハイブリッド仕様がラインナップされていない車種があるのも特徴です。FFと4WD仕様が各車ありますので、維持費も考えて検討をおすすめします。トヨタのSUVのCH-R、RAV4、ハリアー、ランドクルーザーについてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ホンダのSUV

ホンダから販売されているSUVは、ヴェゼルとCR-Vの2台。オフロード走行よりも、シティユースに向いているのが特徴です。

どちらもハイブリッドモデルを用意してあり、燃費性能にも配慮がされています。購入時には減税や免税措置対象車にもなっているので比較のときに参考にするといいでしょう。安全性能はホンダセンシングを搭載。衝突被害軽減ブレーキや歩行者事故低減ステアリングなど、安全運転をサポートしてくれる機能がしっかり搭載されているのもホンダのSUVの特徴と言えます。

日産のSUV

日産のSUVは、ジュークとエクストレイル。ジュークはコンパクトSUV、エクストレイルは2列シートと3列シートのラインナップがあるミドルSUVです。

ジュークはコンパクトSUVにもかかわらず、4名乗車時でも大型スーツケースを載せることができる積載能力を備えています。ラゲッジスペースの下にはラゲッジアンダーボックスがあり、小物の収納に便利です。ボディ設計段階でフロントピラーを後退させたため、前方視界が広く確保されています。

エクストレイルは、ミドルSUVのなかではトップレベル(2019年1月)の積載能力を持ち合わせています。汚れや傷が付きにくい加工がシートやフロアにしてあるので、汚れに強い仕様となっています。

ダイハツのSUV

かつてのダイハツはラガーやロッキー、ビーゴといったコンパクトSUVをラインナップしていました。これらのノウハウを活かして2019年11月に登場したのが、ロッキーです。コンパクトなボディでありながらも、フェンダーやグリル部分などSUVらしさが随所に見られます。ダイハツの車のラインナップが、さらに魅力的になった印象です。

マツダのSUV

マツダのSUVはコンパクトミドル、ラージサイズとSUVの大きさすべてをコンプリートしていることにあります。CX-3、CX-5、CX-8がまさにその典型例でしょう。

CX-3は当初ディーゼルモデルしか存在していませんでしたが、現在ではガソリンモデルも販売されています。CX-5はCX-3より大柄なボディとなったこととスカイアクティブ技術の搭載により、安全性が高められていると言えるでしょう。ラグジュアリー性の向上も見逃せません。

一番大きなサイズとなるCX-8は、3列シートもあるSUV車。ミニバンの販売を終了したマツダにとってはそれに変わる車種として活躍することが期待されている車種と言えるでしょう。

スズキのSUV

スズキのSUVは、4車種。クロスビー、SX4-CROSS、エスクード、ジムニーシエラです。クロスビーはスズキのSUVのなかで唯一ハイブリッドモデルがラインナップされています。エコカー減税の対象車となっているので、購入時にお得です。また燃費が良いことは維持費の節約へとつながるでしょう。ジムニーより大きめなので荷物が多く載るため、アウトドアにも向いています。

オフロードより、シティユースに重点が置かれているSUVが、SX4-CROSS。クロスビーよりもさらに全幅は大きく、1,785mmあります。大きくなることで車内の快適性が向上しますが、走行安定性も同時に向上しています。

エスクードは街乗りでもアウトドアでも活躍する性格を持ち合わせています。パワーユニットが直列4気筒直噴ターボと、とてもパワフル。安全装備も優秀でサポカー認定を受けています。

ジムニーと言えば軽自動車のオフロード車をイメージしますが、ジムニーシエラはそれよりも一回り大きなボディサイズとなっています。ジムニーと同等の高いオフロード走行性を持っており、スタック対策も充実しているのが特徴です。ジムニーとジムニーシエラで迷っているならば走行距離で決めてもいいでしょう。長距離を走る機会が多いなら排気量が多いジムニーシエラがおすすめです。

スバルのSUV

スバルのSUVは、XVとフォレスターに注目。元々はインプレッサXVで販売が開始されましたが、2012年よりXVとして独立した車名となっています。SPG(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されており、高い走破性と安全性を確立。エンジンは1.6Lもデラルと2.0Lモデルがラインナップされており、ミッションはリニアトロニックCVTと組み合わされているのです。

この組み合わせにより、優れた加速性能と高い燃費性能を実現しています。安全装備はアイサイトver.3を搭載。歩行者保護エアバッグを装備しており、搭乗者以外にも高い安全性能を発揮するのが特徴です。2018年10月からはハイブリッドエンジンを搭載したグレードもラインナップに加わっています。

フォレスターは1997年から販売されているクロスオーバーSUV。2.5LDOHC直噴水平対向エンジン搭載モデルと2.0LDOHC直噴+モーター搭載マイルドハイブリッドエンジンでグレード構成されています。またスバル車初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用しているのが特徴です。

三菱自動車のSUV

三菱自動車のSUVは、エクリプスクロス、RVR、アウトランダーPHEVあたりが人気。三菱自動車は2019年8月に本格オフロードSUV車であったパジェロの販売を終了しました。1982年より販売されていたパジェロで培った技術は現在も販売されているSUV車にも影響を与えていると言えるでしょう。

エクリプスクロスは、S-WACシステムと呼ばれる機能で様々な走行状態でタイヤの能力を最大限に発揮できるようになっています。またサポカーS・ワイドの対象車となっており、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備も充実しているのが特徴です。

RVRは6速スポーツCVTが採用されています。さらにパドルシフトも用意されているので、よりスポーティーな走りを体験することが可能です。アウトランダーPHEVはプラグインハイブリッド車世界累計販売台数第1位(2018年12月末時点)の人気車です。

人気の理由は高出力モーター、大容量バッテリーから生み出される力強い加速性能と、静粛性に優れている2.4Lエンジンのおかげでしょう。ガソリンエンジン車にはないモーターによる加速性能が人気だと考えられます。また電子制御により前後の駆動配分を調整するなどの機能が快適な走りを実現していることも人気の要因だと言えそうです。

 
テッパンの3車種
 
SUVの人気ランキング結果

購入検討者が見ている
人気のコンパクトカー&SUV

ロッキー

コンパクトさと豊富な収納力を両立したダイハツの新型SUV。価格は170万円~。

CR-V

       

現在5代目のホンダのCR-Vは、3列シートの7人乗りタイプあり。価格は385万円~。

ハイラックス

       

燃費性能が高いトヨタのC-HR。価格は299万円からです。

MX-30